脳ドックガイドライン

脳ドックのあり方の指標
「脳ドックのガイドライン」

日本脳ドック学会では、脳ドックの水準と有効性の向上を目指し、「脳ドックのガイドライン」を発行しています。最新の脳ドックのガイドライン2019では、各項目の刷新に加え、認知機能検査の充実・必須化や認知機能低下への対応が追加されています。
脳ドックのガイドライン2019、2014は書店にてご購入可能です。詳しくはお問い合わせください。

「脳ドックのガイドライン」に関するご意見や情報をお寄せください

このページの資料をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。
プラグインをお持ちでない方はボタンよりソフトをダウンロードしてください。